水を保存できる期間

水を保存できる期間について

水の保存は消費期間に注意!

最近はもしもの備蓄として水を保存しておく方が多くいます。水は他のドリンクと違い添加物などが含まれていないので長期保存ができますが、永久に持つわけではありません。市販のミネラルウォーターにもきちんと賞味期限の記載はあります。そのため備蓄があるからとそのまま安心していると、いつの間にか賞味期限切れになってしまっている場合があります。そのため、備蓄期間には気を配り、日常的に使いながら買い足していくことをおすすめします。そうすれば賞味期限の切れる前に使い切ることができると共に、新たな備蓄をすることができます。

保存に役立つウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、近年多くの家庭で導入されるようになってきました。安全性が高く全国各地の美味しい水をいつでも好きなだけ飲むことができるというメリットがありますが、万が一の災害時のための保存アイテムとしても役立ちます。ガロンサイズの大きなペットボトルに入って納品されることになるので、一本あるだけでもたくさんの水の量を備蓄することができます。停電になったとしても、常温でそのまま飲むこともできます。小さい子供さんがいる家庭や高齢の人がいるという家庭でも、便利さと安全性を兼ね備えていることからとても人気があります。

新着情報

↑PAGE TOP